Concept

ぼくがいつも設計している時に考えていることは、内部と外部が一緒になったような建築だ。

洞窟のように閉ざされた空間を演出し、劇的な空間を造るのも建築家の醍醐味かもしれない。

だけど外に出たらいつの間にか暗くなっていた、雨が降っていたなんて建築をぼくは造りたくない。

内部からだんだんと外部につながり、中にいてもいつも外を感じられるような建築が好きだからだ。

だから今まで造ってきた建築は小さな住宅でも、オフィスビルでも、自動車修理工場でも、

そして一番プライバシーが要求されるクリニックでも、中にいながらいつも外が感じられるような空間を目指してきた。

部屋の中から満月を楽しみ、吹雪を見て感心し、雷が海に落ちるのを見られる家にいると生活の中に新しい発見がある。

これは今まで立てた施主から直接聞いた言葉だ。

設計をしていてそんなことを聞いた時が一番嬉しくなる。


コンピューターで制御され、インターネットでどことでも繋がる時代だからこそ、自然と深く関わり合いながら、

機械に頼りすぎることなく冬に暖かい日差しを感じ、夏は木陰の涼しい場所にいるような空間。

そんな建築を目指していきたい。

                                   2020年5月 studioA / もろずみけい